マーケティング

ネットショップ運営に必須!!年間イベントや商戦キーワード早見表 7月~12月

20140131

前回の「1月~6月」に引き続き、7月から12月までのイベント早見表です。
7月から本格的な夏が始まりますね。夏のボーナス、サマーセール(バーゲン)にはじまり、お盆休み、帰省でレジャーも盛り上がってきます。
それにしても、1年の間に様々イベントがあり楽しいですね。

続きを読む

ネットショップ運営に必須!!年間イベントや商戦キーワード早見表 1月~6月

20140131

ネットショップを運営しているとイベント毎に企画を立ち上げてショップを盛り上げるために一年間のイベントを把握している必要があります。
そこで、少し遅いですが自分の為にもイベント早見表を作ってみました。
ショップによって使えるイベントと使えないイベントがありますが、早見表で次の月のイベント企画を練る事が出来ます。

追記:「7月から12月」のイベント記事をこちらで書きました。

続きを読む

android OS のシェア率やバージョンについて調べてみました。(2013 年8月)

20130819001

android OS の開発が進み、使いやすさも飛躍的に向上しているおかげでしょうか?良い評判もよく耳にするようなり、私の周りの人と私が個人的にはまっているだけかもしれませんがandroid に注目が集まっている気がします。
今頃遅いと突っ込まれそうかもしれませんが、私は ios から android に少しずつシフトしていて、nexus7が発売されれば、一気に android の利用頻度が上がりそうです。

 

そんな中で、android には OS のバージョンが多数あり、バージョンによってシェア率も大きく異なります。
そこで、android OS について少し調べてみました。

続きを読む

11月も最後となったので、好きなブログを告白します。

2012113001

ブロガーさん達の間で、11月と言えば自分の好きなブログを紹介すると事が恒例みたいなのでTREVOでも告白していきます。
私はあちこちのブログをRSSリーダーでチェックしているので全てをご紹介するのは難しいので、その中から厳選して5~6サイト程をご紹介いたします。
RSSリーダーの登録サイト数をチェックしたら100サイトを越えていました…ま、気になる記事だけチェックしているのですが
たまに、面白そうな記事はTREVOのfacebookページのタイムラインでもご紹介しているのでもしよろしければチェックしてみて下さい。

 

定番のブログは少し外して、マーケティング関係、SEO、海外のブログなんかを紹介したいと思います。

続きを読む

楽天出展のメリットとデメリット

rakuten

ネットショップ運営関連の記事は、人気があるので楽天出展のメリットとデメリットについて書いていきます。
ネットショップの運営は、手間と時間がかかってしまうので数件のショップ様を抱えてしまうと身動きが取れなくなってしまいます。それだけ、パワーの使う仕事なのです。現在弊社では楽天等のショップ運営サポートを一時的にお断りしております。申し訳ございません。
再開しましたら、ブログやfacebookでご報告致します。

ネットショップは手間と時間を掛ければ掛けるほど、リターンが大きくなります。
もちろん、ノウハウ等を駆使する必要はありますが…

今回は、楽天市場への出展でのメリットとデメリットについて書いていきます。

続きを読む

ホームページの運営って何をすればいいの?

126

ホームページを運営するといっても、うちの会社にはそんなに新製品を出すわけでもないし更新するネタなんて無いという方でも、ホームページは更新・運営が可能です。
ホームページの運営は難しいと思われる方が多いですが、ポイントを押さえれば意外と簡単です。
そして、予算がなくても、人件費は別としてお金をかけず、簡単にホームページの運営をはじめる事は可能です。

続きを読む

SEOとSEMの違いは?そしてLPOとは?

112

SEOという言葉は、自社にホームページを持っていたり運営している方は良く耳にする言葉ではないでしょうか?
ホームページを持っている会社なんかだと、「SEO対策しませんか?」とか言う営業電話がかかって来ると思います。

そもそも、SEOとは一体何なのか?SEMという言葉は何?
という事について書いていきます。

続きを読む

googleanalysticsで気にするべき数値とは

みなさん、アクセス解析は何を使用しているでしょうか?
無料サービスの中でも圧倒的に人気があるのがgoogleのGoogle Analyticsではないでしょうか?

Google Analytics+ウェブマスターツールを使用するとより精度の高いデータを解析が可能ですが、今回はGoogle Analyticsに焦点を当てて記事を書いていきますね。

Google Analyticsの特徴として、設定をすれば細かい分析も可能ですが、設定をしている方は少ないのではないでしょうか?
そこで、設定なしでどこの数値が大切か書いていきます。

続きを読む

海外で人気のWEBサービス その2

今回ご紹介するのは、snapguideというサービスです。
Snapguide.png
前回の記事、「海外で人気のWEBサービス その1」でご紹介したpiterestでもよくpinされている記事が多いサイトです。

簡単に言うと、作業をする方法や手順を紹介するハウ・ツーサイトです。料理、洋裁、ガーデニング、DIY等様々な情報が集まったサイトです。

このサービスの特徴は、ハウ・ツーページを簡単に作成するiphoneアプリが配布されている事です。

続きを読む

失敗しないホームページ制作

ホームページを制作する上で、大切な事は沢山あります。
デザイン、ユーザビリティ、SEO等がまず目に浮かぶと思います。

でも、一番大切な事は、目的です。この目的を明確していないと、せっかくホームページを立ち上げても目的がぼやけてしまい公開しているだけのホームページとなってしまいます。

ホームページには、様々な目的があると思います。この目的を明確にし、制作会社に伝える事が良いホームページへの大きな一歩となります。

続きを読む

震災とこれからのマーケティング

3月11日。

遠く我々の事務所を構える大阪でもそのとき、緩やかで長く奇妙な揺れを感じました。

それから早や一ヶ月が過ぎ、日々のトップニュースはこの大震災に関係したことが大半を占めてします。

そのような状況ですので、デリケートな話題にはなるのですが、避けることの出来ない様々な現象を感じずにはおられず、震災後に見えてきたこれからのマーケティングの動向について書きたいと思います。

本題に触れる前に、この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げたいと思います。

さて、そのような未曾有の災害が襲う前の2月26日に、私はこのブログで『これからのマーケティング』と題した記事を書きました。そして、震災からこの一ヶ月間の動向を見ますと、その記事に書いたことが加速するかのように次々と動き出しているように感じます。

・企業などの売り手と、消費者が対等な立場になる
・消費者の直接的な利益以外にお金を払う
・企業側もお金以外の何かを消費者に求め
・持ちつ持たれつ的な関係を構築する

主には上記のようなことでした。
 

続きを読む

これからのマーケティング

これからのマーケティング。

ありがちなタイトルですけど、これからのマーケティングについてお話したいと思います。
と言っても、ここ最近漠然と感じていること、と言うか、肌感覚的に感じていることで、考えに考え抜いた上の結論とかじゃないです。でも、結構、こういう感覚で感じたことって、これまでもその通りになることがこれまでも多くあり、今回お話しすることも、多分、大きくはずれることなく、近い将来にはそうなっていくと思います。

で、これからのマーケティング。

結論から言えば、企業などの売り手と、消費者が対等な立場になる、ということ。

「な?んだ、そんなこと何年も前から言われていることで、今さら・・・」と思われると思います。

しかし、何年も前から言われ続け、現在もその方向に進んでいるのは、企業が消費者レベルまで目線を下げたというもので、言わば”上から目線”ではやっていけなくなった企業側がY軸を下げただけです。
つまり、消費者側のY軸は変化していないのですが、これからは消費者側も企業と同じレベルに立つ事が求められると言うことです。

そんなん、ありえへんやろ!と思われるでしょうね。
モノやサービスに対しお金を払うのが消費者で、企業はその対価として満足を与えるというのが消費であり、商売ですから、これまでは『金を払う方が偉いんや!』と、消費者も企業も思っていました。

しかし、これからは消費者も企業を満足させることが求められるようになっていくと思うのです。


なんで?

続きを読む

アイデアの出し方 その3

え?、かなり間が空いてしまいましたが、『アイデアの出し方』のお話の続きです。
 

前回のその2では、算数を使ったアイデアの出し方の中で、足し算と引き算を使った手法について書きましたので、今回は掛け算と割り算を使った手法についてお話します。
 

順番どおりに行くと掛け算からになるのですが、恐らく、先に割り算を使った手法について触れた方がわかりやすいと思いますので、割り算を先にします。
 

割り算ですから”割る”つまり”分割”するわけです。分割というとまず「ローン、月賦」が思い浮かびますが、確かに支払いを分割することも買いやすくするひとつの手法ではあります。
でも、それは特別目新しくもなく、今の時代、アイデアってほどでもないですよね。じゃあ、何を分割できるでしょうか?
 

わかりやすい事例を挙げますと「パートワーク形式」の書籍です。
 

分冊方式とも呼ばれますが、要はあれです、毎刊少しずつのパーツが付いていて、それを組み立てていくと戦艦やF1マシンの模型が出来上がるというやつです。これなどは、元々ひとつの模型として商品的に成り立つのですが、あえて分割することで買いやすくし、また、模型を組み立てるという楽しみやそれに費やす時間を分割してくれています。

模型とは言え、ターゲットの大人といいますか、お父さん方で、子供向けの模型とは違い、経済力はあるけど、ワンパックになった模型では、それを組み立てる時間もなかなか取れない面もうまくカバーしていますし、おもちゃ店や模型店ではなく、本屋さんで売っているというのも、お父さん方には買いやすいでしょう。しかも、大体、創刊号は安く設定してあるので始めやすく、分割してあるので、途中で挫折してもいいかな、と思わせます。
元の品は模型でしかありません。模型なのでガンダムなどのように人気のジャンルや、ミリタリーものやスポーツカーもののように確立されたジャンルもあるのですが、その枠でのアイデアを飛び越えたアイデアですよね。


では次に掛け算を使った手法です。
 

商品といってもその性格や特徴は様々で、弊社のお客様の商品を例にしましても、食べ物や化粧品のように消費すれば無くなり、リピートの発生しやすいしやすい商品もあれば、逆にひとつの家庭で1個、もしくはひとり1個あれば充分という商品もあります。
例えば、歯ブラシなんかはひとりに1本あればよく、どんなに自分にとって使い勝手の良い歯ブラシであっても、何本も持つ必要はありません。

ネットで調べて見ますと、あるアンケートの結果で、歯ブラシの使用期間でもっとも多かったのは1ヶ月間でした。つまり、一人の顧客に対し、1ヶ月に1本、年間で12本しか歯ブラシは売れないのです。もちろん、個人差はあるでしょうが、デイリーやウィークリーに売れるものではありません。
 

では、歯ブラシを年間平均の12本以上売るにはどうすればいいでしょう?
数本まとめて少し安くして売るというのはナシです。それはちょっと寂しいアイデアですし、次回の購入機会を先延ばししてしまうだけです。
 

ポイントは使用期間に関係なく、買いたくなるようにすればいいのです。
そんなアイデアのひとつとして、歯ブラシのデザインに掛け算を用います。
 

例えばAKB48のメンバーのデザインが組み込まれた歯ブラシを隔週で1デザインずつ販売すれば、ファンの人にとっては、歯ブラシはただの道具としての商品ではなく、コレクションアイテムに変化するでしょう。歯ブラシの柄の部分がマスコット的にデフォルメしたデザインになって、というような感じです。
ファンじゃない人にとっては特別魅力はないでしょうが、ファンの人の歯ブラシ購入個数はぐっと上がるはずです。しかも、あれだけの人気グループですから、ファンの人数もバカに出来ません。
 

まぁ、例ですので、実際に商品化出来るかとかは置いておいて、ポイントは掛け算を用いることで、商品の性格を変えることが出来るってことです。これは割り算にも、足し算や引き算にも言えることですが、今ある商品を何で掛けたり、割ったり、足し引きするかがポイントです。
それは、時間であったり、ラインナップやシリーズ的なものや趣味的要素、年齢、性別、職業などなど、あてはめられるものは沢山あります。
それは無限のようにも思えますが、ある程度のパターンがあります。

ですので、次回はその組合わせ方のパターンについてお話したいと思います。

プランナー:竹田