デザイン

ホームページデザインソフト Sketch 3 を学べるチュートリアル動画

20150901015

ホームページをデザインする時に使用するソフトは主に、adobe社のphotoshop、illustrator、fireworksのどれかが多いですよね。
弊社ではfireworksを使っていましたが、開発の中止が発表されたのでphotoshopでデザインする様になりました。

そんなadobe社以外のソフトで、安価で手に入れられるのがSketch 3というソフトウェアです。

私もこのsketch3をお試し版で一ヶ月試してみたのですが、すごくデザインがしやすかったのでオススメです。
adobe以外の選択肢としてはとても良いと思うのですが、弊社の場合、デザインデータを社内や協力会社さんと「共有しなければいけないプロジェクトもある為、Sketch 3をメインで使用していません。

ラフデザインやワイヤーフレームの作成用としては良さそうなので購入を検討しています。

続きを読む

無料で使用可能!!もうすぐお正月なので正月商戦用のフリー素材を探してみた

お正月

クリスマスの準備はとっくに終わって、正月商戦の準備に入っているお店も多いと思います。
そこで、正月商戦に使えるフリー素材を探してみました。

クリスマスは海外の素材も使えるので簡単にみつける事が出来るのですが、正月は国内のフリー素材を探さないといけないので見つけるのに苦労しました。
商用利用する時は、必ずダウンロードするサイトで商用利用可能かどうか確認してからご利用下さい。
当方では責任を負いかねますので、予めご了承ください。
それでは、素材を紹介していきたいと思います。

続きを読む

無料で使用可能!!クリスマス商戦に使えるクリスマス用フリー素材を紹介しているサイト

クリスマス

クリスマス商戦の準備で忙しい方も多いと思います。
店舗運営をされている方はポップ作りで素材が必要だったり、ネットショップだったらデザインやバナー、キャンペーンでクリスマス用の素材が必要になる時期ですよね。
弊社もクリスマスに向けて、ネットショップのクリスマス向けの飾りやバナーの用意、商品の掲載とやる事が沢山有ります。

そこで、無料(フリー)で利用できるクリスマス用の素材を紹介しているサイトや記事を探してみました。 続きを読む

ランディングページの優れたデザインを集めたサイト集をご紹介

20131030001

アドワーズ等の広告の出稿とセットでランディングページを制作する事は当たり前となってきました。
出向した広告の内容をしっかりと伝えるという上で、ランディングページはより濃い広告ページといった役割を持っています。
ランディングページのデザインは、日々進化して広告性の高い読めるページが多くなってきました。
そんなランディングページの役割とデザインを集めたサイトのご紹介です。

続きを読む

ロゴのデザインをまとめてみれるサイト

20130930001

まとめてみれるサイトも、バナー、レスポンシブウェブ、優れたホームページデザイン等を紹介してきましたが、これまでロゴを集めたサイトの紹介をしていなかったのでしておこうと思います。

 

ロゴをまとめて紹介しているサイトは、国内と海外で多数あります。海外の方が圧倒的に多いですが、自社のロゴデザインを決める時や、参考となりそうなロゴデザインを探すには、このようなサイトで方向性を決めてはいかがでしょうか?

続きを読む

バナーのデザインをまとめでみれるサイト(国内)

20130913001

楽天やyahooショッピング等のネットショップを運営されている方は、効果的なバナーを制作する事で商品の売り上げが大きく左右するので大切ですよね。
バナーのデザインは、目的によってデザインを変える必要があったり、出向するページの年代や層を考えてデザインしたり、周りのバナーと差別化を図る必要があったりと、結構奥が深いです。

 

あまり、派手にしすぎてユーザーに怪しいと思われてもいけないし、目立たなければ意味がありません。
そんなバナーをデザインする時に、参考になりそうなバナーをデーターベースかして紹介しているサイトがいくつかあるのでご紹介していきます。

続きを読む

レスポンシブウェブデザインの無料テンプレート紹介している記事を探してみた

20130809001

このスタッフブログもモバイル対応にしたいなと前々から考えてはいるのですが、なかなか重い腰が上がらずにいます。
モバイル対応すれば、アクセス数も多少上がるだろうと予想は出来のですが、構築する時間がありません。

 

そこで、レスポンシブウェブデザインに対応したテンプレートを配布してくれているサイトを紹介している記事が多数あるので、そんな紹介しながらこのブログをレスポンシブウェブ対応にする為の情報を集めようかと思います。
テンプレートを個別で紹介するよりもこちらの方が多く紹介出来るので、デザインをまとめて紹介している記事を紹介していきます。

 

以前書いた「レスポンシブウェブデザインを簡単に確認する方法」という記事で、タブレットやスマートフォンの端末が無くてもレスポンシブウェブデザインの確認出来る方法を記事にしているので、こちらの合わせて読んでください。

 

続きを読む

フリーでphotoshop用のブラシ等が手に入るBRUSH LOVERSが凄い

20130618001

photoshop用のブラシや文字のスタイル、背景等で使用するパターン等が無料で配布されているBRUSHLOVERSが凄いです。デザインをする上で、ブラシや背景模様のパターン、文字のスタイルが沢山用意されているとデザインの幅が凄く広がります。
多用しすぎると安っぽくなるので、ワンポイントでの使用に注意しましょう。

 

そんな、弁でクオリティの高い素材が沢山手に入るのでご紹介します。

続きを読む

ホームページの優れたデザインを集めたサイト集 その3

20130517001

以前にホームページのデザインを集めたサイトを国内版、海外版に分けてご紹介しました。
前回紹介したサイト以外にも、デザインを集めたサイトがあるので紹介していきます。

 

綺麗なサイトは、ホームページを制作する者としてはこのようなサイトを息抜きの時間に眺めるだけでも大変勉強になります。

 

ホームページの優れたデザインを集めたサイト集をご紹介(国内版)
ホームページの優れたデザインを集めたサイト集をご紹介(海外版)

続きを読む

参考にしたいレスポンシブウェブデザインのサイト(海外)

20130408001

3月の初めに国内のレスポンシブウェブデザインを採用したサイトをご紹介しました。
海外のレスポンシブウェブも紹介しますと言っていたのですが、紹介するのを忘れていたので、少し遅くなりましたが紹介したいと思います。

レスポンシブウェブは、海外の方が先に火がついた分面白いデザインのサイトも多いです。
特に最近では、スッキリとしたデザインや画像を大きく使ったデザイン等様々なサイトが存在しています。
そして、新しいサービスを紹介したサイトやスマートフォン用アプリを紹介したサイトのデザインは、日本でも似たようなデザインを取り入れる企業も増えていますね。

分かりやすく見やすいサイトは、参考にする企業が多いです。

3月に書いた国内のレスポンシブウェブデザインを紹介した記事も参考にして下さい。
参考にしたいレスポンシブウェブデザインのサイト(国内)
レスポンシブウェブデザインを簡単に確認する方法

続きを読む

レスポンシブウェブデザインを簡単に確認する方法

20130308

前回のレスポンシブウェブデザインを紹介した記事「参考にしたいレスポンシブウェブデザインのサイト(国内)」を公開した後に、どうやったらレスポンシブウェブを確認出来るか質問を頂いたので、簡単に確認できる方法を紹介します。

 

今回紹介するrwd bookmarkletを利用すると、PCサイト、タブレット縦、タブレット横、スマートフォン縦、スマートフォン横の表示方法を簡単に確認できるようになります。
レスポンシブウェブデザインがどういったものか確認したい時にはとても便利なので試してみてはいかがでしょうか?

 

続きを読む

参考にしたいレスポンシブウェブデザインのサイト(国内)

20130306001

現在は、レスポンシブウェブデザインでの制作依頼、提案が増えています。
デザインに思いっきりこだわるサイトには向いていませんが、スマートフォンサイトが欲しいという方には制作コストを下げる事が出来るのでお勧めです。
今回は、そんなレスポンシブウェブデザインを採用しているサイトをご紹介します。
レスポンシブウェブの詳しい情報はこちらの過去記事でご確認下さい。
3つのタイプのスマートフォン(モバイル)サイトとその違い

 

簡単に説明すると、画面(モニター)の横幅を認識してホームページの表示方法を変える手法です。
横幅が狭い時は、自動で画像を小さくしてメニューボタンの並び方を変えて、スマートフォン専用サイトにしたり出来る手法です。
最近ではgoogleもこの手法を勧めています。詳しくは「レスポンシブ・ウェブデザイン – メディアクエリのパワーを使いこなす」の記事をご覧ください。

 

続きを読む

3つのタイプのスマートフォン(モバイル)サイトとその違い

20130250227001

現在スマートフォン対応サイトでは大きく、スマートフォンサイト、レスポンシブウェブ、アプリ対応サイトの三つに分けられるのではないでしょうか?
特に現在、スマートフォンでのアクセスは増えています。だったらこのサイトもスマートフォン対応しろと突っ込まれそうですが、すいません現在対応を模索中です。

 

話を戻して、スマートフォンサイトはどのタイプで制作したらいいの?と考えている人も多いと思います。
そこで、各サイトの違いやメリット、デメリット等を説明したいと思います。

続きを読む