TREVOでは、ペーパーレス化をはじめてみたら、意外と便利でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20121005

TREVOでは、スタッフがそれぞれタブレットを持っているのでペーパーレス化が可能という事で実験も含めて、どんな事が出来るかを実験してみました。

実験内容

  • ・ipadとandroidタブレットで利用できるか?
  • ・プリントアウトは必要ないか?
  • ・入力に問題はないか?
  • ・紙よりもはやいのか?

に注目をして会議で使ってみました。

利用したアプリ

・ipad:450円のGoodNotesを利用

・android:無料のAdobeReaderを使用

 

エクセル等のオフィス関係のファイルは、ブラウザ経由・skydriveよりwindowsliveのオフィス機能を利用して変更しました。

データーの読み込み方法

PDF等のデータをファイルサーバー(linkstation)、にアクセスしPDF等のデータをダウンロード出来ました。
また、GoodNotesはdropboxに直接アクセスが可能でした。
androidは、dropboxアプリを開いてAdbeRaderで読み込む事でデータを利用可能です。

この方法で、データーの共有・保存は可能でした。

タブレットの使用感

弊社では、WEB制作という事もあり、プリントアウトするよりも色確認がしやすいというメリットがありました。

 

良かったポイント

  • ・色を確認しやすい
  • ・文字が見やすい
  • ・書きこんだ内容を共有できる
  • ・印刷費がかからない
  • ・エクセルの表等は直接修正が可能

問題のポイント

  • ・書き込みが少し面倒
  • ・ファイルが多いと探すのが大変
  • ・紙のように複数のデータを見比べられない

等の問題が出てきましたが、ファイルが多い場合は必要な資料を先に会議フォルダに入れておく事で解消出来ました。

2012100502.JPG

書き込みが面倒というのは、ペンで直接書きこむ場合は字が崩れます。
テキストで入力する場合は、打ち込みが少し面倒だと感じました。

 

以上のポイントが見つかりました。

結論

タブレットのペーパーレス化は使い分けが必要かなと感じましたが、ほとんどの場合はこの方式で滞りなく進める事が可能だと思います。

大きなプロジェクトや、2枚以上の資料を見比べる必要がある時は紙の方が便利でした。
資料に書き込むという作業自体は、そんなに苦もなく可能でした。(なれればですが)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*