徳島県三好市中央図書館に本を寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

徳島県三好市中央図書館は、市町村合併前の池田町の中心部にあり、生鮮スーパー阿波っ子と同じサンライズビルの4階に昨年の4月に開館しました。
池田町というと、かつては”やまびこ打線”で甲子園を賑わせ、後の高校野球に大きな影響を与えた、池田高校のある町で、その池田高校も図書館のすぐ近くにあります。

県の中心、徳島市からみると池田は一番奥深いところに位置し、剣山や吉野川など豊かな自然に恵まれているものの、いわゆる山間過疎地域と言われる地域で、都市部のような大型書店などはなく、レンタルビデオショップも多くありません。(NTTの光インターネットサービスも平成23年2月からサービス開始で、インターネット環境も都市部とは隔たりがあります)
 

なので、新しく出来た図書館は町の方々にとっては憩いの場になっていて、図書館側も図書の貸し出しだけでなく、市民ギャラリーや子供向けのお話会を開催するなどしています。
 

そこで、離れた大阪の地でも何かできることをということで、社員それぞれが家に眠っている本を持ち寄って三好市中央図書館に寄贈することにしました。
今回はとりあえず写真の数冊ですが、今後も定期的に寄贈を継続していきます。

book.jpg

ちなみに、写真左下の『新人OL、つぶれかけの会社をまかされる』は、ベストセラー『もしドラ』と同じスタイルの本ですが、内容はマーケティングに関するもので、難解なマーケティング書を読むよりも、ストーリー仕立てになっているので、わかりやすいです。(結局、マーケティング本も、事例紹介が一番わかりやすかったりする)
 

下段中央と右の『のぼうの城』は、今秋公開で映画化される注目の小説です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*