第6回 一区切りついたのではじめてのSEO対策のポイントと御復習い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2013091101

この「はじめてのSEO対策」の記事を書き始めて6回目となりました。
第4回と第5回で説明したポイントを修正中の人も多いと思うので、丁度区切りの良い所で第1回から第5回までの復習をしたいと思います。

 

基本的なSEO対策としてはまだ初期の段階ですが、一気に修正(対策)をするのも大変だと思います。毎日少しずつ長く継続して、丁寧なSEO対策をしていきましょう。
弊社も2人のスタッフでしっかりとルールを決めて、どんなに忙しくても1日4ページずつタイトル、ディスクリプション、キーワードタグの見直しをしています。
5日で20ページ、10日で40ページの計算になるので積み重ねれば大きいですよね。

 

それではこれまでの復習をしていきたいと思います。

これまでの記事

第1回の内容

第1回 はじめてのSEO対策で知っておくべきこと

第1回 はじめてのSEO対策で知っておくべきこと」では、SEO対策の基本について書きました。

 

まずはSEO対策を意味( Search Engine Optimization )を直訳「検索エンジン最適化」する所かあらはじめ、SEO対策という言葉の意味の説明から書いています。
そして、「SEO対策ってどんな事をするの」という項目でSEO対策の基本的な施策をみて、どのような作業が必要か書き出しています。
今後、この「はじめてのSEO対策」でどのような作業をしていくのかをざっくりと分かってもらえる様に書き出しました。
ここに書いていない、大切な対策もありますがとりあえず基本中の基本という事で抜出して書きました。

 

そして、第2回にも繋がる「SEO対策の大切なポイント」という事で、インデックスの登録やロボット巡回について書いています。
まずは、自分のページがgoogle等のインデックスに登録されていなければ、検索結果にも表示されません。インデックスにホームページが登録されているか調べる事が大切です。

第2回の内容

第2回 自分のサイトを知る為、ウェブマスターツールに登録しよう

第2回 自分のサイトを知る為、ウェブマスターツールに登録しよう」という事で、自分のホームページの状態を知る上で欠かせないgoogleのウェブマスターツールの重要性と登録方法について書いています。
ウェブマスターツールを登録するまでの簡単な流れを解説してます。googleアカウントとftpでサーバーにアクセスできる方でしたら簡単に登録できるので試してみて下さい。
自分のホームページの状態を知る上ではとても大切な情報です。

第3回の内容

第3回 自分サイトを分析できるウェブマスターツール 基本編

第3回 自分サイトを分析できるウェブマスターツール 基本編
ではウェブマスターツールで様々な項目をチェック出来る基本の部分を解説しています。。ただ、全ての項目を勉強していると時間がかかるので基本的な項目をピックアップしています。
項目は

  • ・HTMLの改善
  • ・検索クエリ
  • ・クロールの統計情報
  • ・サイトマップ

の4つです。

自分のサイトが正しく google のインデックスに登録されているか?
ロボット巡回は来ているか?
修正点はないか?
等が確認できます。詳しくは記事で説明しているので読んでみて下さい。

第4回の内容

第4回 SEO対策を考えたタイトルタグに見直す

第4回 SEO対策を考えたタイトルタグに見直す」と前回のウェブマスターツールの「HTMLの改善」で出てきた問題を対処する方法の一つ「タイトルタグ」について書いています。

  • ・タイトルに盛り込むキーワードや適切な文字数
  • ・検索結果の表示される事
  • ・書き方のポイント

等をまとめています。
googleウェブマスターツールでエラーが出ていなくても、一度タイトルタグを見直してみてはいかがでしょうか?
キーワードの出現率や、ユーザーにとって分かりやすいタイトルになっているか?等、タイトルは検索エンジンとユーザーに対してとても大切な要素となります。

第5回の内容

第5回 ディスクリプションの見直しと少しだけメタキーワードについて

第5回 ディスクリプションの見直しと少しだけメタキーワードについて
第4回同様、googleウェブマスターツールの「HTMLの改善」で出て来る「ディスクリプション」の問題を対処する方法を説明した記事です。
ディスクリプションは、ページの簡易的な説明をする為にあるタグです。長すぎても、短すぎてもダメで、、適切な文字数があります。
また、必要以上にキーワードを入れる事もスパム扱いになる為に、気をつけて書く必要があります。

そんなディスクリプションを書く上でのポイントを解説した記事です。
また、現在 google の評価対象から外れている「メタキーワード」についても説明しています。
いつか復活するかもしれないので、修正するなら一緒にした方が手間がかからないので説明していますが、先の事なので設定した方が良いのかは分かりません。

まとめ

この5回までで、ウェブマスターツールとその中にある「HTMLの改善」で出て来た問題点の対処方法について書いてきました。
第7回からは、ホームページのタグについて書いていきたいと思います。次回はh1~h6の見出しタグについて書きます。
その後、画像やテーブルの名前、強調タグ、リンクタグ等について書いていくのでご期待下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*