ランディングページの優れたデザインを集めたサイト集をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20131030001

アドワーズ等の広告の出稿とセットでランディングページを制作する事は当たり前となってきました。
出向した広告の内容をしっかりと伝えるという上で、ランディングページはより濃い広告ページといった役割を持っています。
ランディングページのデザインは、日々進化して広告性の高い読めるページが多くなってきました。
そんなランディングページの役割とデザインを集めたサイトのご紹介です。

売れるリスティングページ

私がよく読んでいるバズ部の記事「成果は保証します!売れるランディングページデザインの10の特徴」がリスティングページを制作する上で役に立ちます。
少し記事が古いのと全てが当てはまるわけではないですが、参考になる記事です。

20131030002.gif

ランディングページデータベース

こちらのページは、カテゴリ訳がシンプルでキャンペーンが終わってランディングページが無くなっていてもサムネイル画像で確認が出来ます。
ランディングページの多くは、短期間の広告として存在するページも多く、キャンペーン後は無くなってしまう事が多いです。
このサイトでは、キャンペーンが終わっても大きな画像ページを確認出来るのでありがたいです。

20131030002.jpg

ランディングページ集めました

こちらのサイトは、色々なジャンルのランディングページを見る事が出来ます。
紹介しているページの数も多く、自分の探しているジャンルに近いデザインを探し出す事も可能だと思います。

20131030003.jpg

LANDINGPAGE BOOKMARK

健康食品や美容等のコスメ商品に特化して紹介しているサイトです。
その為、カテゴリも洗顔石鹸や青汁、ウコン等と言った名前で分けられているのが大きな特徴です。
ランディングページは、このジャンルが多いように感じます。

20131030004.jpg

縦長ページのデザイン集めました

シンプルで分かりやすいページです。まだまだ数は少ないですが、今後に期待のサイトです。

20131030005.jpg

Land Book

海外のランディングページ紹介サイトです。
テキスト文章が少なく、今流行りのフラットデザインのサイトが多いです。ランディングページと言うよりは、サービスのスタートアップ時に公開するページのような気もします。

20131030006.jpg

いつか真似したい!ユーザーの心をつかんで離さないランディングページ100選[海外スタートアップ編]

海外のランディングページを100ページ紹介している記事です。海外のランディングページは国内のデザインとは異なり、サービスの内容をイメージで伝えようとするページが多いです。
日本のように、大きなキャッチフレーズと説明テキストといったランディングページが無いのか、意図的に選んでいないのかは分かりません。

20131030007.jpg

まとめ

国内のランディングページは、商品を売る為にキャッチフレーズが大きく、いかに自社の商品やサービスが凄いかを知ってもらう為に工夫している気がします。
THE広告といったデザインが多いのが特徴ですね。その中でも、様々なデザインがあり、デザインとして楽しめるのがポイントではないでしょうか?
一昔前は情報商材関係がランディングページを多用していましたが、ここ2~3年は一般企業もリスティング広告とセットでランディングページを公開する事が多くなっています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*