フリーでphotoshop用のブラシ等が手に入るBRUSH LOVERSが凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20130618001

photoshop用のブラシや文字のスタイル、背景等で使用するパターン等が無料で配布されているBRUSHLOVERSが凄いです。デザインをする上で、ブラシや背景模様のパターン、文字のスタイルが沢山用意されているとデザインの幅が凄く広がります。
多用しすぎると安っぽくなるので、ワンポイントでの使用に注意しましょう。

 

そんな、弁でクオリティの高い素材が沢山手に入るのでご紹介します。

BRUSHLOVERS

無料でphotoshop用の素材を配布している素材サイトです。
上から、ブラシ、スタイル、パターン素材に分かれています。
右にタグクラウドがあるので、その中から「花」や「空」、「雲」、「線」等、様々なキーワードで素材を探す事が出来ます。

photoshopのブラシ

ブラシの素材は豊富です。

 

Bow Brushes

プレゼント用の箱が数種類詰まったブラシです。
色を指定して、ペイントするだけでプレゼントの箱のイラストが完成します。

 

20130619002.jpg

 

Vintage Garden brush set

水彩画で花を描いたようなブラシです。

 

20130619003.jpg

 

Cracks brush

乾燥した地面の地割れのブラシです。

 

20130618004.jpg

 

Lines #2

複雑なラインを表現できるブラシです。

 

20130618005.jpg

 

Stars-n-Cloud Brushes

宇宙の星空をペイント出来るブラシです。星空ってたまに必要になったりします。

 

20130618016.jpg

 

文字等のスタイル

セール用の文字やちょっとしたエフェクトを文字にかけたいときに便利です。
3D風に見せたり、どこかで見た映画のタイトル風に表示したら色々なスタイルがそろっています。

 

Sales Layer Style

3D風に見せた文字のです。

 

20130618006.jpg

 

Super pack layer style 1

メタル素材の文字です。文字の周りにビスが打っている表現は珍しいです。

 

20130618007.jpg

 

Tron

映画TREON風の文字です。凄くかっこいいのですが、普段の制作では使う事はないかな?

 

20130618008.jpg

 

Cartoon Layer Styles

アメリカのアニメ調文字です。これでしたらセール品等のバナーに利用できるかもしれません。

 

20130618009.jpg

 

Retro Style 2

レトロ調の文字です。この文字も使いどころが難しいですが、ショッピングサイト等では有効的かもしれません。

 

20130618010.jpg

 

パターン

パターン模様の素材です。ホームページの背景に模様やテクスチャを入れたりする時にはとても便利なテクスチャです。
その他にも、バナーやボタンの文字の後ろに入れる模様等にも使用が可能です。

 

Cupcake

柄物の線ですね。区切り線や見出しに利用可能なパターンです。その他にもページの右や左の端に1本アクセントとして入れてもかわいいかもしれません。

 

20130618011.jpg

 

Patterns 22

タイルのパターンです。私はあまり見たことがないのですが、大理石やブロック、タイルなどのパターンで結構使いやすいかもしれません。

 

20130618012.jpg

 

Handmade Paper Pattern

和紙のようなパターンです。この和紙風の素材は、ホームページの背景で薄く分かるか分からない程度に置く事がよくある素材の一つです。

 

20130618013.jpg

 

Ornate #2

ステンドグラスとは違うのですが、とても繊細で綺麗な模様です。どこで使うかは難しいですが、うまく利用できればとても綺麗なデザインに活用できそうです。

 

2013061814.jpg

 

Nature #2

花や葉の繊細な線画をパターン化した模様です。ヨーロッパの絨毯や壁紙で活用されていそうなパターンで、雑貨等を取り扱っているショッピングサイト等では重宝しそうです。

 

20130618015.jpg

 

まとめ

今では、デザインに必要な素材が無料で手に入りやすくなりました。昔は手作業で作ったり、写真を撮りためて加工して使ったりする事が多くとても時間をかけて制作していました。
とにかく、色々な素材をデジカメで撮影して集めた素材が今でもハードディスクの片隅に眠っています。

 

今でも、ピンポイントでこんな素材が必要だという場合には作っていますが、昔に比べればデザインはしやすくなりましたが、その分求められるクオリティも数段上がっています。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*